【雪嶺茸(ゆきれいたけ)】幻のキノコ!?オススメの食べ方・調理法を変えて食べ比べてみた

 
雪嶺茸

スポンサーリンク


 
この記事を書いている人 - WRITER -
『カナエ菓子店』というお菓子屋をしています。 お菓子作ったり、ブログを書いたり、絵を描いたりしています。 食べる事とお酒と家族が大好き。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

先日、近所のイオンで、見たことないキノコを見つけました!

その名も

『雪嶺茸』!!

 

 

雪嶺茸

 

読み方は「ゆきれいたけ」って読むみたいです。

 

初めて見たキノコだったのと、「日本で初めて栽培に成功!」という文字に負けて、ついつい購入してしまいました。

 

 

裏パッケージ 裏パッケージ

 

パッケージの裏に、雪嶺茸の説明と、レシピが4つ載っていました。

 

アワビの様な食感らしいです……!!楽しみ~♪

 

 

雪嶺茸(ゆきれいたけ)は福岡県大木町の特産品

 

 

雪嶺茸(ゆきれいたけ)は、約5千キロ離れた中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区に自生するキノコだそう。

なので、王リンギのルーツは新疆ウイグルだということですね。すごー!

 

上海での会食で、雪嶺茸(ゆきれいたけ)の美味しさに感動した、福岡県大木町の農事組合法人『きのこの里』の技術部長の北村さんが、雪嶺茸(ゆきれいたけ)を日本に持ち帰り、雪嶺茸の栽培に成功。

 

 

その後、雪嶺茸とエリンギが遺伝子的に近い種であることがわかり、雪嶺茸とエリンギの交配に成功。

そうして、王リンギ(オリンギ)という新品種のキノコも作っちゃったそうです!

王リンギ(オリンギ)も食べてみましたよ!

 

【王リンギ(オリンギ)】幻⁉福岡でしか食べられない新品種のキノコ・オススメの食べ方

 

 

雪嶺茸(ゆきれいたけ)はどこで買える?

 

出荷先はほとんど、『道の駅おおき』だそうです。

あとは、福岡市の一部の百貨店には売っているそうです。

ちなみに私は福岡市内のイオンで買いました。

 

『道の駅おおき』、私の家からは少し遠いので行ったことないんですが、いちご狩りもできて、ビュッフェもとてもおいしいらしくて、よく福岡のローカル番組に出ている道の駅です!

 

そしてなんと、珍しい『きのこのもぎ取り』も体験できるんです!

色んな種類のキノコがもぎ取り体験できるらしいんですが、『ゆきれいたけ』も1株150円でできるそう。

 

前から『道の駅おおき』には行ってみたかったんですが、行く!絶対行きます。

 

道の駅おおき情報

公式HP:http://michinoeki.kururun.jp/

住所:〒830-0405 福岡県三潴郡大木町大字横溝1331-1

TEL:0944-75-2150


 

雪嶺茸(ゆきれいたけ)を食べてみた!

 

さっそく食べてみました!

 

 

袋から出した

袋から出したらこんな感じ。

少しエリンギに似ていて、雪の様に白くて綺麗です。

 

 

 

割いてみた

手で割いてみました。

 

茹でてみた

 

お鍋でさっと茹でました。

ポン酢をかけていただきます。

 

茹で

 

うん、うまい!!

食感は、思っていたよりやわらかめでした!軸の部分はシャキシャキです。

 

しかしちょっとアッサリしすぎているかなーという印象でした。

 

焼いてみた(魚焼きグリル)

 

お次は、魚焼きグリルで焼いてみました。

ほんとは炭で焼きたいところだけど。

 

サッと焼いて、塩をパッとかけて、カボスをチュッと絞ってみました。

素焼き

 

うんうん、うまーーい!!

私は断然、茹でより焼きでした。

茹でよりも、香りが凝縮されています。食感も、焼きの方が身がギュッと詰まった感じが感じられました。

 

お酒がススムゼ……。

 

バターと塩コショウで焼いてみた(フライパン)

 

売り場にも、『バターで焼くのがオススメ!』とかかれていたので、バターで焼いてみました。

バターと塩コショウで、フライパンで焼きました。

 

 

バターソテー

 

うんうんうん、うまああーーーーい!!!

 

まさに、『優しいアワビ』って感じです。笑

私にビールを下さい!!!

 

 

とにかくクセがないので、どんな料理にも合うと思います。

が、油と相性がいいかな、と個人的には思いました!

 

 

まとめ

 

私のオススメは、

ガッツリいきたいならバター焼き!

アッサリ行きたいなら素焼き!

とにかく、茹でるより焼きがオススメです。

 

バターソテーは『優しいアワビ』でした。笑

 

とりあえず、私の下手くそな食レポでは美味しさが伝わらないと思うので、見かけた際はぜひ食べてみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
『カナエ菓子店』というお菓子屋をしています。 お菓子作ったり、ブログを書いたり、絵を描いたりしています。 食べる事とお酒と家族が大好き。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© カナエ菓子店の人のブログ , 2019 All Rights Reserved.